最新情報

【高齢者注目】急発進防止システム「ペダルの見張り番」がオートバックスで激売れしている件(事故を起こす前に一度読んでみて)2019年話題のニュース

​​​​​​​​​​​​テレビで話題の高齢者の暴走運転事故。


アクセルとブレーキの踏み間違いが原因とされていますが、

ついに市販で、アクセル踏み間違い防止のツールが出てきました。

それがこちら。​https://youtu.be/11Rj26HKSdk

オートバックスから急発進を防止できるシステムが発売されました

その名も​「ペダルの見張り番」​​

商品のURL(リンク先)は​こちら

​急発進防止システムという事で、急にアクセルを踏むと車は進まないようになるシステム​です。

じわじわ踏む分に関しては今まで通り車は進むそうです。

急なアクセルを踏んだ時の急発進がなくなるので、追突事故防止などにもつながりますね。

しかし、​これの難点は、高速道路のインターからの合流時や、右折レーンで、アクセルを踏んだ時どうなるかです。​

高速の合流時と言えば、30キロぐらいから80キロぐらいまで出さなければなりません。

ということは、昔のキックダウンみたいなかんじで、

​アクセルを強く踏まなくてはならないのでは?​​

という事になります。

それには対応しているのかが気になります。

​​また右折時などには、気を付けなければなりません。​​

対向車が流れている中、行けそうだなと思って、右折しようとしたときに、

だいたいの人はアクセル強めに踏みますよね?(のろのろ右折すると対向車が来た時に邪魔になります)

その​アクセルの踏み具合で、発進防止システムが作動して車が進まなかったら​(クリープ減少のままだったら)

ゆっくりのスピードで右折する事になり。

下手すると、そこで、アクセルをもう一度踏みなおしても、焦って、強くアクセルを踏んでしまい、

結局車が進まず、対向車がブレーキを踏むという事になるのでは?と想像してしまいます。

この装置を設置・装着する事で、いろんな状況が想像できます。

良い面もあれば、悪い面もあるような気がします。

なので、標準車にはその装置がつかないでしょうね。

個人的にはアイサイトとか装着者が暴走したというニュースがまだ取り上げられていないので、

安心しています。

だいたいテレビで出てくる高齢者の暴走車はプリウスや、トヨタ車が多いような気もします。

スバル車で出ないことを祈ります。
​​​​​​​​​​​

▼フォレスターライフをもっと楽しむための楽天トラベル▼
▼おすすめ車用品(別サイト)
▼愛車売るならココ!(別サイト)
▼車・パーツを売るなら買うならこちら(※メルカリ新規登録募集中)

▼車検の事ならこちら